NEWS

【知っておくと便利!】販売所と取引所の違い

GPP公式
カスタマー
塩田

(株)GPP塩田です。

2022年スタートしました、
昨年は、どんな年でしたか?

私は2021年、
多くのお客様とお電話でお話しをする機会がありました。

その中でも、さまざまな暗号通貨をお持ちの方から、、、
色々と情報提供いただいたり、ご相談もありました。

「暗号通貨を購入してみたいと思っています」

「暗号通貨ってどのようにして購入するの?」

というお問い合わせも多くあり、
暗号通貨に興味を持つ方も増えたように感じました。

そこで本日は、暗号通貨の取引で押さえておくべき
「取引所」と「販売所」の2つの違いについてご紹介します。

 取引所

取引所には「板」と呼ばれる注文リストがあることが特徴で、
自身で数量や価格を決めて注文することができます。

板に表示される情報は投資において重要になりますので、
しっかりと理解しておくと役立ちます。

板に表示される情報は、

  • ・注文価格
  • ・売り注文の数量
  • ・買い注文の数量

など、注文数が多いほど、売買が行われていることを表し、
少ないと流動性の低い銘柄ということになります。

注文数が多い状況を「板が厚い」と表現し、
注文数が少ない状況を「板が薄い」と表現します。

取引所で、暗号通貨を買いたい人は、
いくらで欲しいのかを注文し、取引所の口座に日本円を入金します。

暗号通貨を売りたい人と条件が一致すれば取引が成立し、
買い手のウォレットに取引所から暗号通貨が送られます。

 販売所

「販売所」では、
業者が直接ユーザーに暗号通貨を販売を行っています。

取引所と同様に、口座に日本円を入金し、
暗号通貨の種類や数量を指定し購入することが出来ます。

ウォレットに暗号通貨が送られ、
「売りたい人がいないから取引できない」
ということがないので暗号通貨の初心者にオススメです。

提示されている価格を取引所ですぐに購入が出来るので、
取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。

ただし、できるだけ低コストで利用したい方は…

「取引所経由」で暗号通貨を
購入することをオススメします。

また、長期投資が目的なら販売所を利用し
頻繁に売買する際には取引所を利用するのも一つの手段です。

暗号通貨で利益を獲得するためには、
価格の動きを見ながら、売買をしないといけません。

まずは販売所か取引所2つのどちらで取引を始めるか、
そのためには、自身で取引の知識を身に付けて
情報収集する必要があります。

でも、なかなかご自身で、
口座開設や暗号通貨の取引を行うのって難しいですよね

そのような方には、
(株)GPP説明会へ参加しませんか

暗号通貨の基本や、取引方法など、
各種サポートを弊社スタッフがレクチャーします。

また、しばらく眠ったままにしている
暗号通貨をお持ちの方もぜひご相談下さい。

保有している資産を
増やすチャンスがあるかもしれません。

2022年は一緒に暗号通貨で利益獲得を目指しましょう!

説明会は無料となっていますので、
この機会にぜひお申込みをお待ちしています。

(株)GPP 塩田 志穂

株式会社 GLOBAL PROJECT PARTNERS.

(株)GPP公式LINE

(株)GPP公式記事は、LINEでもご覧いただけます。

お問い合わせ

ご質問やご要望は(株)GPPサポートデスクへご連絡ください。

関連記事